植本さんシリーズ。

『かなわない』『家族最後の日』に続き、今は『降伏の記録』を読んでいます。

赤裸々な日記を読んでいる感じで、もし自分がこの家族の一員だったら、と想像しながら読んでいます。

最終的に旦那さんが癌で亡くなってしまうのは知っているのですが、その状況に至るまでの植本さんの揺れる気持ち、私が癌になった立場だったら、自分の家族が癌になってしまったとしたら…

「家族」というものに関わることなく生まれて死んでいく人はいないので、「家族」とう普遍的なテーマと正面から向き合えるいい本だと思います。

どちらかというと明るい気持ちになるテイストのものではありませんがm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です