自分ちの親子だったり、いろんな親子見ていると、密接であるがゆえに、見えてるようで見えてないことあるなぁと思う。

私の場合は、小さい頃に「この人たち全然見えてないな」と察知して、勉強に精を出して武装し、大学生から親元を離れた。

親は出来ない部分にばかりフォーカスしたり、それこそ家で見せてる部分って、自分の1番駄目な部分だったりするので、親からのそういうまなざしばかり受け止め続けると、今までより高く飛ぶ心境になりにくいのかなと。

今までからの積み重ねを見てきた上で、子どもの可能性の方にフォーカスしてくれる大人がいてくれたら。

それだけで心強く生きていけるなと、20年経った今そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です