勉強を通して身につく能力のひとつに、

勘がよくなる

があると思う。

優先順位をつける力ともいうのか、

私は頭の中で無意識に、情報を圧縮して脳のキャパを無駄遣いしないように

というのをやっていることに気づいたのですが、

これも、圧縮するには無駄を削ぎ落とさなければならず、

どこを残せば後々役に立つかを、勘を働かせて判断しているわけで。

大人になってからも、この人の役に立つにはどうすればいいか、

勘を働かせて行動することの連続のように思います。

頭で考える手前の部分なので、なかなか言語化が難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です