学力には2種類ある。

「コンテンツ学力」と「ノウハウ学力」

「コンテンツ学力」は、歴史の年号や方程式の解き方などの、勉強の中身そのものの学力のこと。

「ノウハウ学力」は、

勉強をを通して身につく、ノウハウとしての学力のこと。

例えば、記憶力、自分の取り柄を見つける能力、

いつまでにどれぐらい点を取るかという計画性、

力を入れる科目と、入れなくてもいい科目を判断する戦略性、

メタ認知力。

この中で一番大事なのが「メタ認知力」。

「メタ認知力」は、自分の状態や能力を認知できる力のこと。

自分の能力がどれぐらいか、判断ができ、

その上で何をすべきか方向性を考え、

具体的に何をすれば最適な結果が得られるかを考え、

課題を解決していく過程を、目標と照らし合わせて点検し、調整・修正する。

この力が身につくと、自分で自分をどんどん賢くしていける。

 

「コンテンツ学力」が大人になってからも役に立つ仕事は多くないけれど、

勉強を通して「ノウハウ学力」を身につけられたら、

社会に出てからも、必ず役に立つ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です